Q: コンビニで外国人を採用できますか?

Q&A

Answer:

コンビニで採用する場合、アルバイト採用なのか社員採用なのかによってお答えが変わってきます。

現在、コンビニエンスストアでは多くの外国人が働いています。コンビニのレジにいるスタッフの名札を見ると外国人の名前をよく見かけます。この方たちの多くは留学生です。「留学」のビザを持ち、資格外活動の許可を得てアルバイトとしてコンビニに採用されています。資格外活動内での就労ですので原則週28時間までしか働く事ができません。

時々「いまウチのコンビニでバイトしてもらっている留学生がとても熱心に働いてくれるので、大学卒業したらそのまま社員として働かせたいんだけど」というご質問をいただくのですが、基本的には難しい場合が多いです。これが日本人の学生であれば、バイトスタッフを卒業と同時に社員採用しても何の問題もないのですが、外国人留学生の場合はビザという問題が絡んできますので社員としての採用は難しいです。なぜなら、コンビニのレジ打ちや品出し等は、単純労働とみなされるため、それに見合う就労ビザがないからです。現在の入管法では、外国人を社員として雇う場合、専門的及び技術的な業務でなければ就労のビザは許可されません。ゆえにバイト時代と同じようなレジ打ちや品出しの職種では就労ビザはおりません。

ただ、外国人のコンビニ社員採用は100%無理なのかというとそうではありません、あくまでレジ打ちや品出し等の業務で採用するのは難しいということです。例えば、複数店舗事業展開しているコンビニを運営する会社のマーケティング職やスーパーバイザー職のような業務であれば、経営学部等を卒業した留学生を「技人国」ビザで採用できる可能性も出てきます。

関連記事一覧