Q: 製造業で外国人を採用できますか?

Q&A

Answer:

外国人労働者に行わせる仕事内容によってお答えが変わってきます。一口に製造業と言っても、設計や開発のような技術スタッフもいれば、工場内のラインで働く現場スタッフもいますし、営業職や事務職もいますからね。下記で職種別にみていきましょう。

まずは、設計や開発、エンジニアのような技術スタッフとして外国人を雇用する場合は「技術・人文知識・国際業務」(以下、技人国)の就労ビザを検討することになります。技人国の中の技術職としてビザを受けるためには、その外国人が大学等の理系科目(例えば、電子設計など)を履修していたことが必要となります。履修していた科目と実際に就労する職種に関連性があれば、技人国ビザを取得できる可能性は高くなります。大卒と言えども例えば文系学部卒の外国人を技術職として採用することは難しいです。

次に事務職での採用ですが、こちらも技人国ビザの取得を検討することになります。例えば、会計業務やマーケティング職などの場合は人文知識分野ですので、商学部や経営学部卒の外国人がこれに当てはまります。やはりこちらも技術職同様、履修していた科目と実際に就労する職種の関連性がビザ取得のカギになります。一方、事務職の中でも通訳翻訳業務スタッフなどの採用ですと、こちらは国際業務分野となります。通訳翻訳スタッフであれば、理系文系などの学部は関係なく大学卒であれば新卒者でも技人国ビザの対象になってきます。

最後に、工場内のラインスタッフでの採用についてです。ラインスタッフは常に人手不足な所が多いため外国人労働者を雇いたいという需要は高いです。しかし現状、工場のライン業務は単純作業とみなされてしまう為、これにあたる就労ビアはありません。現在、多くの工場内ラインスタッフとして働いている外国人は、技能実習生又は就労制限のない日本人の配偶者等や永住者などです。

来年の入管法改正次第では、ラインスタッフの外国人雇用が認められるかもしれませんね。

関連記事一覧