Q: タイ人のコックさんは実務経験10年なくても招聘できるんですか?

Q&A

  • HOME
  • ブログ
  • Q&A
  • Q: タイ人のコックさんは実務経験10年なくても招聘できるんですか?

Answer: はい、確かにタイ人コックさんは実務経験が10年なくても呼べる場合があります。

外国人調理師(コックさん)を日本へ招聘したい場合、一般的には「技能」ビザを検討することになります。「技能」ビザは、主に熟練した技能を持つ外国人が取得するビザです。熟練した技能にも、各国の料理人や外国特有の建築土木技能を持った大工、ソムリエ、飛行機のパイロットなどいろいろあるのですが、今回は調理師として外国人を招聘する場合のお話になります。

外国人コックさんで「技能」ビザ取得を考えた場合、通常は、その外国特有の料理の調理について10年以上の実務経験が求められます。入管に在留資格認定証明書交付申請を行う際に実務経験証明書等で10年以上の実務経験を証明しなくてはなりません。

しかし、タイ人の調理師さんに関しては、この10年以上の実務経験が、日タイEPAの規定により、一定の要件を満たす場合、5年以上の実務経験で「技能」ビザ取得が可能になる場合があるのです。その一定の要件とは、

①タイ料理人として5年以上の実務経験を有していること ②タイの調理師資格を所有していること(タイ労働省が発行する初級以上のタイ料理人としての技能水準に関する証明書を取得していること) ③来日直前まで過去1年間に、タイにおいてタイ料理人として妥当な額の報酬を受けて働いていること

 まとめると、タイの調理師免許を持っていて、タイ料理人として5年以上実務経験があり、ビザを申請する際もタイにおいてタイ調理師として働いているタイ人ということになります。

タイ料理は日本でも人気ですね!

 

関連記事一覧